◇「高野の火まつり実行委員会」からのお知らせ◇   高野の火まつり「柴燈大護摩供」の開催 【令和3年3月7日(日)】

 高野の火まつり「柴燈大護摩供」の開催  令和3年3月7日(日)午後12時30分~ 厳修
  場所:総本山金剛峯寺前駐車場
高野の火まつり『柴燈大護摩供』厳修について
高野の火まつり実行委員会一同、先ずは新型肺炎コロナウイルス物故者諸精霊各位のご冥福をお祈り申し上げます。並びにご遺族様には、心よりお悔やみ申し上げます。
世界各地で猛威を奮うコロナウイルスの終息が見えぬ中、日々終息を願う祈りが絶えることはございません。
今の世に必要なことは『これより先の安寧』と世界皆様同様に願われるところかと存じます。
この度の柴燈大護摩供は昨年同様に大師の御山より『疫病退散』をご祈念させて頂き、併せて『七難即滅』、『七福即生』を大願とし厳修いたします。
ただ今、法会の無魔成満に向け準備をいたしておりますが、昨年同様に感染予防対策を十分に行い、世にある不安や苦しみが少しでも消滅できる法会となるよう取り組んでまいります。
皆様には法会厳修の意義に何卒ご理解を賜り、共に御祈念いただけましたら幸いでございます。
法会成満の後には、我々の生きる道の先におこり得る七つの大難「太陽の異変・星の異変・風害・水害・火災・干害・盗難」が速やかに消滅し、七つの福、「愛敬富材、芸道富有、人望福徳、有福蓄財、勇気寿福、清廉度量、延命長寿」が万民に訪れることをご祈念申し上げます。
なお、病は充分に恐れなくてはなりません。恐れていただいた後に、必ず「自己を守る力」だけでなく、「他を想う穏やかな御心」と、また、「他を護る強い御心」を共に護摩道場に於いて今まで以上のものへ増大していただき、御仏様より御加護をお授かり頂きたくご案内申し上げます。
※尚、当日会場入り口にて、新型コロナウイルス感染予防策として、検温・手指消毒・マスクの着用を徹底し開催いたしますので、ご参拝者の皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です